陶芸家・森野知子工房のブログ

tomoco95.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

安藤忠雄氏の作品・神戸海星病院

c0202613_2264571.jpg短期間でしたが母が入院していた神戸海星病院は、とてもきれいな病院でした。
安藤忠雄氏による設計だったのですね。なるほど・・・


c0202613_22165855.jpg
 c0202613_22172942.jpg




近代的でシャープな印象の外観に対して、
内装は木が多用されていて、柔らかい雰囲気です。
建物がアーチ型なので、廊下も緩いカーブになっています。




c0202613_2243382.jpg明るい陽光が差し込むデイルーム、その奥にナースステーションがあります。
お騒がせな家族でしたが、看護師さんたちには優しくして頂いて、感謝しています。
お食事も工夫されており、入院生活を快適に送れるよう配慮が行き届いていました。
  c0202613_2244125.jpg
病院内のチャペル。
日曜にはミサが行われます。

どことなく他の病院と雰囲気が違うのは、
明治初期に外国人が始めた病院
ということに由来しているのでしょうか・・・



c0202613_23132841.jpg特筆すべきは窓からの眺望。これは朝焼け。(夜景は言うまでもありません)
晴れた日には、関空方面まで見渡せました。

そして、兵庫県の医療をリードしてこられた川口先生と、
爽やかで頼もしい若い女医さんの岡本先生、
お世話になり有難うございました。お蔭様で、順調に回復しています。
by tomoco9595 | 2010-04-23 23:42 | できごと | Comments(4)
Commented by あやこ at 2010-04-27 19:40 x
もう20年も前になるでしょうか、海星病院は、うちのおばあちゃんも眼の手術をうけました。ずいぶん前のことでどんな建物だったか忘れましたけど・・・。おばさんが順調に回復されていてよかったです。
Commented by tomoco9595 at 2010-04-27 23:17
あやこおねえさま、こんばんは。
前の病院は、高層ではなく白いクラシカルな建物だったような・・・
当時の病棟も明るく清潔で、看護婦さん(懐かしい響き)が優しかった良い記憶があります。
抜糸も済み、めでたく病院とはサヨナラとなりました。
Commented by 海星のいち外科医 at 2010-04-28 20:10 x
こんにちは!とっても素敵なブログですね。
四季折々のお花やお野菜、素朴な自然を普段から感じる生活を送っておられるのですね。きれいな写真に心がほっこり和みました。私は日々の仕事に流されてしまうことが多いですが、森野さんのブログを見ていて、森野さんのように身近な自然の美しさを感じる心を忘れずに持っていたいなと思いました。
海星病院のことをとても素敵に紹介していただいて、ありがとうございました。私にももったいないお言葉...f(´ω`*)。励みになります!
お母様も順調に回復されて何よりです。お母様と、お母様をみんなで大事にお見舞い、看病されていた森野さんご一家の、みなさまのご健康を心からお祈りしております。
Commented by tomoco9595 at 2010-04-29 02:43
海星病院のかっこいい外科医さん、こんばんは。
わたしのブログにご訪問いただき、またコメントありがとうございます。
お蔭様で、その後調子が良くて、少しづつですが家事を手伝ってくれるほどです。ありがとうございました。
外科医さんのお仕事は、特に激務だと思います。肉体的にも、また、患者やその家族との関わりなど、精神的にも・・・
先生もこれから、ハードな経験を積んでいかれるのですね・・・
先生ならタフで優しい外科医さんになられることでしょう。
どうぞ、先ずご自身のご健康を、一番に大事になさってくださいね。
また何かのときは、宜しくおねがいします。