陶芸家・森野知子工房のブログ

tomoco95.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

身内ネタですが

前回の続きです。
マラソン大会を後にして向かった先は、同朝来市生野町の生野銀山。
9世紀初頭の開坑といわれ、佐渡金山、石見銀山と並び三大鉱山として、
織田・豊臣・徳川幕府の直轄地でした。
生野から東に峠を2つ越えたところにわたしは住んでいるのですが、
わたしの住む多可町も生野奉行所の管轄内で、幕府の天領地だったのです。
なぜ生野を訪ねたかというと、わが森野のルーツが生野なのではないか?
という噂が昔から一族内にあったので。
究極の身内ネタですので、興味のない方はスルーしてくださいませ。

子供の頃何度か耳にしたこの話を、春のそらまめさんのイベントの時に久しぶりに聞きました。
大人達が話していたのを、またいとこ達も覚えていたんですね。
でも確かな証拠はないんだな。10代前ぐらいまでさかのぼると、そこから先は記録がない。
(お寺の火事で過去帳も消失してしまったので)

またいとこの内の一人が、生野の森野というお墓を訪ねたという話を聞き
わたしも父が元気なうちに確かめに行ってみよう、ということで生野に行った次第です。
教えてもらった銀山の廃坑跡近くの墓地を訪ねましたが、
15年ぐらい前にはあったというお墓はもうありませんでした。

現在、史跡生野銀山という観光施設となっている金香瀬(かながせ)に対して、
森野さんのお墓があったとされる白口(しらくち)は、
細い坂道を挟んで両方から山が迫る狭い谷合の地形。
そこにはかつて、白口千軒といわれ3000人が住んでいたというほど
銀山の隆盛期には栄え賑わっていたのだそうです。(ちょっと想像つかないような狭く急な地形)
朽ちた廃屋などの残る集落に、今も数軒住んでおられました。

史跡生野銀山の案内係りの方で、白口地区に詳しい方がおられるとのことでしたので、
また話を伺いに行きたいと思っています。
はたして初代森野は本当に生野から来た者なのか、
会って話を聞いたところで確かめる術もないのですが・・・
以上またいとこ達に報告です。

c0202613_0122451.jpgc0202613_012392.jpg墓地近くに「熊に注意」の看板。
流域には滝が点在しハイカーも訪れるようです。

大きな無縁塔がありました。
銀山で命を落とした人たちの供養塔でしょうね。
by tomoco9595 | 2013-07-08 00:49 | おでかけ | Comments(2)
Commented by またいとこ in Canada at 2013-07-10 13:33 x
ご報告ありがとうございます。

このブログを見て、私も気になって電話帳(2007年頃のデータ)を調べてみましたところ、生野町には「森野」という苗字のお家が5軒あることが分かりました。

これまで地元の親族以外で森野姓の人に出会ったことがほとんどないのに、峠を二つ越えたところの生野町に5軒も存在するというのは、こちらの「森野」との強いつながりを感じますね。

私も遠くからですが協力します。

ルーツを探る旅のブログ、おもしろいな。ぜひ続けてください。って、楽しんでいるのはまたいとこたちだけ?


Commented by tomoco9595 at 2013-07-11 01:25
またいとこさん、こんばんは。遠くカナダからのコメント、ありがとうございます。
お元気でお過ごしでしょうか?カナダは涼しいんでしょうね~。
こちらは梅雨が明けた途端に猛暑で体がついていけません。

昔の生野との交流を考えると、生野説は無理のない話のように思いますね。
ルーツを探る旅・・・、新しい展開あるでしょうか。
帰国されたら、徒歩で峠を越える生野ツアーをしましょう。