陶芸家・森野知子工房のブログ

tomoco95.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:季節のこと( 37 )

春ですね

c0202613_2330787.jpg満開の桜の下、新年度を迎えた方もいらっしゃるでしょう。
わが家のソメイヨシノはようやくちらほら咲き始めたところ。
桜色のはなびら紋シリーズ、今頃まだ作っています。
着物でも季節先駆けはお洒落だけれど、過ぎると無粋と言われますが、
「はなびら紋」は桜に限っていないので、
そこは寛大な解釈でお使いください。




ある日突然猫と暮らすことになってちょうど半年が過ぎました。
生後2ヶ月半ぐらいでわが家にやって来て、今で8ヶ月過ぎ。
人間だと4才児が12才になったことになるんですね。新中学生です。
小さな体で時を疾走して生きていると思うと、たまらなく愛しいです。
ところがこの陽気で問題が起きております。
冬の間は暖房の効いた部屋が心地良くて、外に関心が無かったのでしょうね。
ここのところ、ちょっとの隙を狙ってお外や客間の方に行きたがるのです。
しかも障子って破れるのね、ということを発見し凄いことになっています。
破れない障子紙に張り替え、脱走防止のドアを付けなければなりません。
4月21日から加西市のふく蔵さんで、作品展を控えているというのに・・・
by tomoco9595 | 2015-04-02 23:30 | 季節のこと | Comments(0)

炎える夏でした

c0202613_0375949.jpg猛烈に暑い夏でした。ようやく雨が降りましたが、
局地的には猛烈な雨も降り、このところの気象は激しいですね。

夏の疲れは出ていませんか?
わたしは疲れだかストレスだか年だか、味覚障害になってしまいました(泣)
来る味覚の秋に間に合うように治さないとね。


今年の夏、地元をさらに熱くしてくれたのは、
なんと言っても西脇工業高校の甲子園初出場でした~!
有力選手を他府県からでも集めてきた私立と違い、
地元の、しかも町内から複数選手が出場しているとなると、熱くならないはずがない。
一戦ごとに成長していくチームで、初の全国大会でも見事初勝利でした。うれしかったよ~。

猛暑のなか窯もたいておりました。
今年も11月から販売予定の「ノルウェーの森・グラタン皿」を作り始めています。
平行してクラフトフェスティバルの準備も始めます。
by tomoco9595 | 2013-08-26 01:33 | 季節のこと | Comments(0)

小寒

c0202613_23204689.jpg
朝の庭。
うっすらと雪が積もっています。


c0202613_23261355.jpg
そんな中、
梅の古木に数ミリの蕾。

連日の寒さで乾きが悪く、
素焼きが遅れています。
by tomoco9595 | 2013-01-12 00:07 | 季節のこと | Comments(0)

残暑お見舞い申しあげます

c0202613_22325841.jpg立秋の昨日から始まった京都五条の陶器まつりに、昨晩行ってきました。
全国最大規模の陶器まつりで、500件以上が出店しています。
20年近く一度も休まず出店してきましたが、今年はお休み。
ちょっと差し入れを持って知り合いに会いに行きます。
こんな陶器まつりも楽しいな。
深夜のオリンピック観戦の影響か、お客さんの出足は遅かったとか。
また節電のために今年は夜10時まで(例年は11時までですが)
陶器まつりは10日(金)までです。


立秋の昨日から空気が変わったように感じます。c0202613_2342887.jpg
崖の上に立っている仕事場(文字どおり崖っぷち)の下の田んぼから、
さわさわと心地よい風が入ってきます。
見ると稲も穂の準備を始めています。
あと一ヶ月もすれば新米になるんですね・・・
もう秋に向かっています。
by tomoco9595 | 2012-08-08 23:13 | 季節のこと | Comments(2)

ホタルノヒカリ

c0202613_2334498.jpgわたしが住む兵庫県多可町を流れる杉原川の上流は、
蛍の名所なんだそうです。
先日も自宅周辺で2匹見かけました。

陶芸を通じて親しくしていただいていた方の命日が、
ちょうど蛍の季節・・・今年で三回忌です。


3年前のこと、夜遅く仕事場から自室に戻ろうとしたとき、中庭を蛍が一匹飛んでいて、
(中庭で蛍を見ることはたまにあるのだけど)弱々しげな様子が妙に気になる蛍でした。
しかも簡単にわたしに捕まりました。
家の裏の草むらで葉っぱの上に乗せたのですが、草の茂みの中に落ちてしまいました。
後日、また同じく弱々しげな蛍を捕まえ、空中に放ったけど、
へなへなへなと水面に落ちていきました。

そんなことがあって、蛍のこともその後特に思い出すこともなくその年の年末、
ご主人さんから喪中葉書が届き、その命日がちょうど蛍の季節だったのでした。
そうだったのか、律儀な長谷川さんが最期の挨拶に来てくださっていたのですね。
非科学的とお思いになるでしょうが、そう考えずにはおれません。

台風が近づいています。
蛍のお宿が流されないか心配です。
皆さまもお気をつけください。
by tomoco9595 | 2012-06-17 22:50 | 季節のこと | Comments(0)

6月になりました

c0202613_20294457.jpgもう6月。
一週間ぐらいすれば、梅雨入りですね。

庭の花の写真を少々。

蘭の一種、石こくが満開。
庭のあちこちの古い石や樹木に着生しています。




c0202613_203015100.jpgc0202613_2030455.jpgc0202613_2050577.jpg







シャクヤク、アヤメ、アマリリス。
これらの花は特に手をかけなくても、毎年咲いてくれます。


5月の末にひとまず父が退院しました。
病院では、この春デビューの初々しい看護師さんにずいぶんと癒されました。
引き続き通院治療では、S山先生、宜しくお願いします。
今回の入院は当初6月を予想していたので、
5月中にガンガン作り溜めておく作戦だったのだけど・・・
さあ遅れを取り返さないと。
by tomoco9595 | 2012-06-03 21:50 | 季節のこと | Comments(0)

サクラ、満開

c0202613_14434389.jpg前回桜の開花予想日を、4月13日と書きました。
3本あるソメイヨシノのうち、2本が12日、1本が13日に開花し、
予想は的中なんですが、これは大きな勘違いの予想日でした。

いつも予想の基準にしていたサクランボ用の桜の木を切ってしまったので、
同時に開花していたスイセンで予想したのですが、
例年なら、サクランボとスイセンの開花からソメイヨシノの開花までは、
2週間ではなくて、1週間でした。ヨソウはうそよ・・・


c0202613_14565796.jpg町内に西谷(さいだに)公園というさくら祭りも催される桜の名所があり、
(赤穂浪士の大石内蔵助が築いた石垣がある史跡公園なんですけど)
ある年、天気の好い平日に、しかも満開を見計らって出掛けました。
静かな山あいの集落をさらに奥に進み、さぞ花見客で賑わっているだろう、
と思いきや、高齢の両親とわたしの3人だけ。


満開の立派な大木がかなりの本数あり、その全部にぼんぼりが飾り付けてあって、花見ムード満点!
見事な咲きっぷりを、わたしたち三人だけで独占なんて、なんという幸せな花見だったことか。
今年は仕事や家族の用事が立て込んでいて、まだ行けてません。

しかし桜は、一本でも小さな木でも、存在感のある桜ってあるじゃないですか。
お気に入りのわたしの一本、みたいな・・・
そういうのはあまり人に教えたくないですね。
by tomoco9595 | 2012-04-16 16:00 | 季節のこと | Comments(0)

立冬の庭

ばたばたと日々が過ぎ、今日は立冬。
右手の腱鞘炎を忘れた頃に、今度は左肩が五十肩になりまして(泣)
今年は庭師さんに来てもらった後片付けも、手伝えませんでした。

c0202613_0161929.jpgc0202613_016573.jpgc0202613_0172783.jpg






この季節に庭で花を咲かせているのは、ツワブキ、ヒイラギ、山茶花。



c0202613_024012.jpg真っ赤な実を付けているウメモドキ。
冬には葉っぱが全部落ちて、赤い実だけになります。
冬場の餌のない時期、小鳥がこの実を食べに来ます。

c0202613_0285685.jpg今年は紅葉が遅れているんですかね。
楓の裏に、蝉の抜け殻が。
暑い夏も懐かしい・・・
by tomoco9595 | 2011-11-09 00:39 | 季節のこと | Comments(0)

うろこ雲

c0202613_2265430.jpg夕方6時ごろの空の写真。
秋の雲、うろこ雲ですね・・・

c0202613_2294218.jpg
湧くように盛り上がる入道雲のシーズンは、
過ぎてしまったのでしょうか。
空の色からも力強さが無くなりました。




今日は地蔵盆。
近所にお地蔵さんがないので、毎年自宅でお団子をお供えします。
お盆のお迎え団子、先日は観音様のお接待でお団子、そして今日のお団子。
10日ばかりの間に3回お団子を作りましたが、証拠写真がありません。
お下がりをすぐに食べてしまいましたので。次は月見のお団子。
by tomoco9595 | 2011-08-24 22:40 | 季節のこと | Comments(0)

行く夏

c0202613_21462592.jpgc0202613_2147952.jpgc0202613_2147568.jpg






自宅周辺では着々と実りの秋の準備が進んでいます。
稲穂もこうべを垂れはじめました。

急に涼しくなりました。
雪が降っている夢を見て、寒くて目が覚めたほど。(場所はなぜかニューヨーク。行ったことないけど)
でもこれは、ダマシにちがいない。また暑さがぶり返すことでしょう。
あの暑さにはうんざりでしたが、夏の終わりには、
他の季節の終わりとはちょっと異なる感覚がありますね。「夏も終わりか・・・」みたいな。


これから年末まで、季節を意識したうつわを作ります。
寒い季節に向けてグラタン皿・・・今年は派生商品も増やしたいし、
迎春用の酒器揃えや、春爛漫のうつわなどなど。
季節感に先がけて仕事をしていると、一年はあっという間に過ぎていくようで、ちょっともったいない。
by tomoco9595 | 2011-08-20 22:43 | 季節のこと | Comments(2)