陶芸家・森野知子工房のブログ

tomoco95.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:うつわ( 8 )

おかげさまで、1000客突破

ご好評いただいています、ノルウェーの森・グラタン皿が、
実売数1000を超えました!
量産の仕事をしている作家さんからすれば、
1000はどうこう言う数ではないのでしょうが、
量産の仕事スタイルでないわたしとしましては、
また、記念品や引き出物ではなく、
「実売数」というところが、嬉しいではありませんか。
寒い夜など、今夜は1000の内、何個が使われているかな、
と想像するのも楽しいでしょ?


c0202613_0584944.jpg「ノルウェーの森」のネーミングとはミスマッチな和風の塀で、
小春日和のなか、窯詰めまで日向ぼっこ中。
まだまだ作りますよ。

うつわや悠々さんより、販売中です。
by tomoco9595 | 2013-11-21 01:12 | うつわ | Comments(2)

おもてなし

東京オリンピック決まりましたね。明るい話題は大歓迎です!
滝川クリステルさんの「お・も・て・な・し」。今年の流行語大賞にノミネートされたりして。
しかし、あの場面での合掌にはちょっと違和感・・・
スポーツ選手でも海外で合掌パフォーマンスする人いるけど、違うんだな~と思って見ています。
タイ人ならナチュラルなんですけどね・・・


c0202613_0184427.jpg黒釉赤彩シリーズ。
作り始めた頃、「おもてなしシリーズ」と名付けておりました。
海外から日本が注目されることで、
日本人も日本を再発見する機会になるかも・・・
伝統や文化や日本人の良さとか。
焼き物にも「和」のブームが起こるかもしれないですね。(期待)
by tomoco9595 | 2013-09-12 01:00 | うつわ | Comments(2)

リバイバル(つづき)

c0202613_2301871.jpgはなびら紋シリーズは、とても思い入れのあるシリーズです。
独立した前後、ずいぶんとわたしを支えてくれましたから。
わたしにとっては、よく出来たかわいい長女といった存在。

グレーとピンクのグラデーションの生地に窯変したはなびらが、
はらはらと散っています。


最初は作るのが楽しかったのに、
「まだこればっかり作っているんか」と言う同業者の声が聞こえてくるようで、
こころの中で少し遠ざけていた時期もありました。
あぁ、本当に申し訳ないことをしました。お客さんにも、うつわにも。

今は、難なく色が出せていた頃以上に、愛しいと思って作っています。
by tomoco9595 | 2012-02-06 23:39 | うつわ | Comments(0)

花見の酒器

わたしはお酒を飲まない(飲めない)ので、桜を口実にドンチャン騒ぎするお花見をした記憶がありません。
桜を観ながらお弁当を食べるとか、夜桜を車を止めて眺めるぐらい。
播州地方の北の端のこの辺りでは、ようやくソメイヨシノが咲き始めたところです。
今年は桜前線や開花予想も見かけませんが、被災地の方たちも桜が咲けば、少しは癒されるのでは・・・

c0202613_22295096.jpgはなびら紋酒器揃え。
ある方が、「今日この日以外にないという桜の見頃に、
大好きな彼女との花見に使いたい酒器」と言ってくださいました。
「一年に一度しか使わないうつわがあってもよい」とまで。
そこまで言って、お買い上げにはなりませんでしたが・・・(?)
女性なら、そんな花見に一度誘われてみたいものですね。
by tomoco9595 | 2011-04-07 22:38 | うつわ | Comments(0)

Break time

東南アジアにオフィスをお持ちの方からのご注文。
既にわたしのコーヒーカップを使ってくださっているのですが、
今回は日本をイメージさせる赤と黒の配色のコーヒーセット。
オフィスでの使用なので、定番の細身の形ではなく安定感のある形で、とのこと。

c0202613_044725.jpg会社などでは、量産の割れにくいリーズナブルなものを使いますよね。
社員のちょっと一息の時間も大切にされているなんて、
素敵な経営者です。
もう現地に届いた頃でしょうか。


わたしの行ったことのない国で、
わたしの手を離れたうつわが、どんな顔をして働いているのか、
思いを馳せるのも作り手の楽しみです。
by tomoco9595 | 2010-11-12 00:28 | うつわ | Comments(2)

ノルウェーの森・ビアカップ

c0202613_071877.jpg 「ノルウェーの森」シリーズにビアカップが加わりました。
大・300cc、小・200cc。

わたし自身はお酒は弱くて飲めないので、
このカップでアルコールフリーを飲もう。
白い泡がきれいに見えると思います。

秋に公開予定の映画、村上春樹原作「ノルウェイの森」の撮影が、
兵庫県内で行われたということ、ご存知でしたか?
神崎郡神河町の大河内高原でもロケが行われたのだとか。
先日のミニ作品展に、神河町からお越しくださった方が仰っていました。

大河内高原に行ってみます。
ノルウェーも行ってみたいです。
by tomoco9595 | 2010-05-14 00:41 | うつわ | Comments(0)

お一人様用、お手軽急須

c0202613_20182547.jpg宝瓶(ほうひん)とは急須の一種で、持ち手がない急須です。
注ぎ口が付けてある物もあれば、縁をひねっただけで注ぎ口にした物もあります。
玉露や高級な煎茶に用いられることが多く、最後の一滴まで注ぎきることができます。
また茶葉を捨て易いという利点もあります。

宝瓶を少し大きくして、高級なお茶に限らず気軽に使える、
自分用の普段使いの急須にしてみてはどうだろう・・・
そこで「お一人様用、お手軽急須」を作ってみました。


c0202613_2053839.jpg内側につけた3本の溝と蓋の隙間から、お茶が出てきます。

別に、お一人様限定でなくても、お二人用で使っていただいても、
もちろんいいんですよ。
宇治の赤門茶屋さんの発案で、
湯冷まし、湯のみ2個、急須が入れ子になったセットもあります。


茶葉の量、湯の温度、蒸らす時間によって、お茶の味は微妙に変化します。
ペットボトルのお茶の味しか知らない日本人が、将来増えないことを祈りつつ、一服。
by tomoco9595 | 2010-03-25 21:40 | うつわ | Comments(4)

ノルウェーの森

c0202613_16154988.jpg

               「ノルウェーの森」シリーズのコーヒーカップ&ソーサー。
               命名はお世話になっているうつわや悠々さんの息子さん、ギタリストでもあります。


c0202613_183512.jpg




今製作中の「ノルウェーの森」コーヒーカップ&ソーサー、ボウルなど。


c0202613_191375.jpg



コーヒーカップの受け皿。
お皿類は、ろくろに小さな粘土で板を留め付け、板の上でお皿を挽きます。


ビートルズの曲名は「ノルウェーの森」(norwegian wood)
村上春樹氏の小説は「ノルウェイの森」。
外国人に作品タイトルを ”norwegian wood” と言っても通じませんでした。
”nordic forest” と言わないと・・・
村上氏の「ノルウェイの森」英訳版は何てタイトルなんでしょう・・・?

今日は相棒のワゴン車を車検に出します。
色はノルウェーの森の色です。
by tomoco9595 | 2009-10-05 01:57 | うつわ | Comments(0)