陶芸家・森野知子工房のブログ

tomoco95.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:いただきます( 22 )

幻の三陸わかめ

従妹(大阪人)のご主人(焼津出身)の妹さんが、気仙沼・大島出身の方に嫁いでいる関係で、
三陸わかめのおすそ分けを貰ったことがありました。
(今回の大津波で、大島のお宅は母屋はなんとか無事。でもお隣は流されたのだそう)
大津波の後、従妹と、「あのわかめも、もう当分は食べられないやろね・・・」と話しました。
兵庫県にも近くに美味しいわかめの産地はあります。淡路とか鳴門とか。
三陸わかめは、本当に美味しかった・・・

c0202613_0374341.jpgその三陸わかめをまた従妹から貰いました。
あの地震の前に仕入れてあったもので、倉庫も無事だったのだそうです。
ここにある一袋のわかめは、すごく貴重なわかめ。
奇跡の、幻の・・・、大げさではなくて。
また三陸わかめが食べられるようになる日まで、
この味を忘れないよう、噛み締めていただきます。復興を祈りつつ。
by tomoco9595 | 2011-07-04 00:49 | いただきます | Comments(2)

ナンカレー

日本のカレーを食べたインド人が、「美味しい日本料理ですね」と言ったとか。

c0202613_21121394.jpg
西日本では牛肉、東日本では豚肉で作るんだそうですね。

すっかり日本の家庭料理となったカレー。
わたしは牛肉と玉ねぎだけで作ります。
今日は久しぶりにナンを焼きました。おいしかったです~^^
by tomoco9595 | 2011-02-27 21:54 | いただきます | Comments(2)

肉食系大根料理

c0202613_0364529.jpg冬の定番、おでんにブリ大根。大根の美味しい季節ですね。
豚スペアリブと大根の煮物も冬によく登場します。

大根一本を2センチぐらいの輪切り(太ければ半月)にして下茹。
スペアリブも生姜・酒を加えて下茹。(30分以上は茹でます)


c0202613_15379.jpg水、500cc 顆粒だしの素、適量
砂糖・酒、各大匙4
みりん・薄口醤油、各大匙3
大根、スペアリブ、すべてお鍋に放り込んで、
煮立てば仕事場のストーブの上へ。


落し蓋をして煮汁がほとんどなくなるまでコトコト煮込みます。
少し煮汁を残して、大根はうつわに。残った煮汁でスペアリブに照りが出るよう中火で煮詰めます。
お肉がホロホロに煮えて、がっつり肉食系も満足。
スペアリブを下茹でしたお湯が冷めた後、固まった油は見るも恐ろしいです。

大根のてんぷらも美味しいですよ!塩と山椒で召しあがれ^^
by tomoco9595 | 2011-01-24 01:25 | いただきます | Comments(0)

これお勧めです

c0202613_20225777.jpgc0202613_2023447.jpg最近頂いて感動したもの。
焼津のヤマ十増田商店さんの、
かつおぶしけずり(厚削り)です。

参考までに、お皿は15センチ角。
かなり肉厚のけずりぶしです。

出汁の味はもちろんのこと、そのまま食べても美味しいし、
煮出して出汁を取った後の、程好く軟らかくなったところもまたウマァ~イのです。

手打ち蕎麦、うどんの出汁として、重宝しています。
by tomoco9595 | 2011-01-13 21:02 | いただきます | Comments(0)

冬・かぶら・LOVE

c0202613_23422720.jpg
庭の山茶花が花盛りです。

c0202613_23431794.jpg
かぶらの美味しい季節になりました。
好きな野菜ベスト3に入るぐらい好きです。
その姿もラヴリ~。



熱いかぶら蒸しもいいんですけど、クリームシチューやポタージュによく使います。
特にポタージュ。ホロ苦うまくて、大好きです。
明日は1月並みに寒くなるそうなので、かぶらメニューであったまります。
by tomoco9595 | 2010-12-08 23:51 | いただきます | Comments(0)

ご馳走なお豆腐

京都からお客さんがお見えになりました。
ご来訪に先立ち、京都・久在屋(きゅうざや)さんのお豆腐が届きました。
大豆、製法にこだわった贅沢なお豆腐いろいろの詰め合わせでした。

c0202613_23532667.jpg青竹よせ豆腐。
ふわふわでとろりとした食感。
青竹の香りと大豆の風味が美味しかったです!
添えられていた豆腐のたれでいただきましたが、塩もお薦め、
黒蜜をかけるとデザート風になるのだそう。
わたし、リピーターになります。

お店は天神側沿い。春は川沿いの桜が見事ですね。
またひとつ美味しいお店を教えていただきました。ご馳走さまでした。
by tomoco9595 | 2010-11-26 00:31 | いただきます | Comments(0)

冬瓜

c0202613_2332665.jpgめちゃくちゃ暑かった8月の終わりごろ、冬瓜をいただきました。
30センチを超える大物。
わたしにとって冬瓜は、夏にお料理屋さんでひんやり冷やしたものをいただく、
というイメージだったので、買ってまで調理したことがありませんでした。
なので、一ヶ月近く、キッチンカウンターの上で、
オブジェのように横たわっていました。

冬瓜は冬まで保存できるそうで、それで冬瓜なのだとか・・・
c0202613_23463062.jpgネットでレシピを見てみると、暖かい中華風スープなどもあります。
すこしずつ気温も下がっていくこれからの季節、
暖かいメニューにして使いきります。

とりあえず海老と枝豆のあんかけにしていただきました。
ノルウェーの森シリーズ・ボウルに盛ってみました。
by tomoco9595 | 2010-09-19 23:55 | いただきます | Comments(0)

スイートポテトサラダ

c0202613_23485220.jpg
あんなに暑かったのに、ようやく9月らしくなってきました。
収穫の秋ですね。サツマイモを収穫しました。
なぜか大きすぎたりブサイクだったり、暑さのせい?まさか・・・
焼き芋向きの形・サイズはほとんどありません。


c0202613_23524766.jpg早速スイートポテトサラダを作りました。
サツマイモを茹でてつぶして、パイン缶のシロップを加えるのが私流。
しっとりして、さつまいもの色が鮮やかになるような気がします。
パインやりんごの刻んだもの、干しぶどうを混ぜます。
マヨネーズで和えて簡単出来上がり。



黒い小鉢(わたし作)との相性もいいでしょう?黒は素材の色を引き立ててくれます。
(実際は写真ほどラッパ型ではありません)
白いうつわが流行りの昨今。カフェや雑誌の影響なのか、春夏秋冬、和洋中、なんでも白いうつわ・・・。
季節や素材や行事に合わせてうつわも選んでほしいです。あ、わたしのお客さんは解ってくださってますね^^
by tomoco9595 | 2010-09-15 00:28 | いただきます | Comments(0)

ジャンボスイカと祖父の思い出

c0202613_2111527.jpg陶器まつりから帰ると富山県黒部市に住む叔父から、
富山県特産・入善(にゅうぜん)ジャンボスイカが届いていました。

直径30センチ、長さ40センチ、重さ20キロ。
藁で編んだ「さん俵」をかついだ姿は、とても愛らしい。


わたしが幼少の頃はまだ、今の宅配のような流通システムがなく、
最寄の国鉄の駅で、駅留めになっていました(貨物扱い?)
祖父とバスに乗って駅まで迎えに行った記憶があります。
たぶん道路はアスファルト舗装ではなく、ボンネットバスだったかもしれません。
その頃のスイカはもっと横長だったような・・・

c0202613_21183543.jpg

祖父はわたしが小学1年の時に亡くなったので、
数少ない祖父との思い出。

お盆の滞在中にお供えして、食べてもらいましょう。
by tomoco9595 | 2010-08-13 21:28 | いただきます | Comments(0)

ゴーヤ大好き

c0202613_0431653.jpg夏はゴーヤ!
ゴーヤチャンプルーが食べたいっ!
テレビで苦味を取る方法なんてやってますが、苦いほど好きです。

c0202613_048277.jpg
うちのゴーヤの出来が遅れているので買いました。
猛暑のせいで、野菜の値段が高いのだそう・・・
今の時期、ゴーヤを買うことはあまりないのですが、
ゴーヤの198円は高いのだか、どうだか?

ようやく一個目が7センチぐらいになったところ。



何年か前のこと、ゴーヤが毎日毎日どんどん生った年、
陶器まつりにザルに30本ぐらい持って行って、
お買い上げの方に、サービスでお持ち帰りいただいたことがありました。
by tomoco9595 | 2010-08-04 01:16 | いただきます | Comments(0)