陶芸家・森野知子工房のブログ

tomoco95.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2009年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

チャリティーオークション(姫路)

12月5日(土)から15日(火)、姫路のギャラリールネッサンス・スクエアで開催される、
「第22回 チャリティーのためのミニアチュール展」に参加します。
出品作家は、日本画・洋画・版画・彫刻・工芸・書・デザインと様々。
オークションでの収益は、ひょうご子どもと家庭福祉財団、兵庫県盲導犬協会等に寄付されます。
お近くの方は、ぜひご来場ください。

と言うわけで、今日は姫路へ搬入に行って来ました。


c0202613_23192371.jpg
                                         世界遺産の後姿

来年から改修工事に入る姫路城と紅葉のツーショット。しばらくは覆いに隠れて全景を観ることはできません。
お城の後ろ側には、お堀に沿って並木道があり、
歴史博物館や美術館が点在していますが、人影もまばらで正面側の賑わいとはまた違う趣。
紅葉の後は、冬の散歩道にもいいですね。



c0202613_23492225.jpg
姫路からの帰り道、加西市の富久錦酒造さんの
ふく蔵」さんへ作品の補充に立ち寄りました。

c0202613_23565662.jpg


新酒できました!の合図、
「杉玉」も清々しい造り酒屋さん。
特別な季節。
by tomoco9595 | 2009-11-29 00:15 | おでかけ | Comments(0)

金毘羅さんの植木市

11月23日は、地元の金毘羅さんのお祭りの日です。
播州の三大祭りと言われていて歴史も古く、出店と参拝客で賑わい、
子供ごころにとんでもなく大きなお祭りだった記憶があります。

今はお祭りの翌日に、後片付け中の植木市を覗きに行きます。


c0202613_21544111.jpg  
   c0202613_21551298.jpg

祭りの後の参道。
昔はサーカスも来ていました。ナツカシ~!

参道脇の広場での植木市。
花・盆栽・苗木など、見切り値段で買えます。



              赤い実と松の苔玉で、早くもお正月気分。
                                   c0202613_22352085.jpg  
c0202613_22375169.jpg


                                          シンビジュームは3月頃まで楽しめます。
                                          他に、葡萄の苗木を買いました。
                                          
by tomoco9595 | 2009-11-25 23:01 | おでかけ | Comments(0)

佳日

c0202613_21314938.jpg

本日、甥の結婚式が滞りなく執り行われました。


c0202613_19483299.jpg



結婚後もお互いの仕事の都合上、しばらくは離れて暮らす二人ですが、
来春一緒に暮らせるようになるときには、お茶碗をプレゼントしたいと思います。
いつまでも美味しくごはんの食べられる家庭を、築いてほしいと願う叔母です。
末永く、お幸せに。


披露宴では83歳になる父が、結婚披露宴の定番、謡曲「高砂」を謡いました。c0202613_11336100.jpg
孫の婚礼で謡えるとは、この上ない幸せなことですね。
二人の幸せが、わたしたちをも幸せな気持ちにしてくれました。ありがとう。
またご列席下さいました方々には、ご披露の引き出物として、
黒釉赤彩コーヒーセットをお持ち帰りいただきました。
司会の方には引き出物作者として、
大変ご丁寧に紹介していただきました。


もうすぐ師走です。
早速急いで、お正月迎えの商品の製作にかかります。
by tomoco9595 | 2009-11-21 22:59 | できごと | Comments(2)

みかんとゆず

ブログに書いたこと、書いていないこと、大小さまざま、
いろんなことが次々と起こり、実に慌ただしい一ヶ月あまりでしたので、
仕事場周辺の様子も気に留めていませんでした。

ちょっと、散策。


c0202613_1272922.jpgc0202613_128487.jpgみかんとゆず。

みかんは去年から、ようやく食べられるようになりました。
皮が分厚く、みかんの味濃厚で野性的。
このゆずでゆず味噌をつくります。
ゆず味噌をぶりの切り身なんかに塗って焼くだけで、
結構おいしいですよ。
忙しいときには、簡単がなによりご馳走だったりして・・・
by tomoco9595 | 2009-11-20 01:56 | 野菜畑 | Comments(0)

長谷川さんのこと

そろそろ年賀状の準備を始める季節は、
思いがけない知らせが届く季節でもあります。

一週間前、長谷川さんのご主人から喪中はがきが送られてきました。
思いがけないというよりも、恐れていた、というべきか・・・
しまった、と思いました。
3年まえから闘病生活を送っていらしたのに、
前向きな年賀状に安心していたというか、
病気が病気なだけに、迂闊な事は言えないとご無沙汰していました・・・いや、薄情なだけだったのかも・・・
それから長谷川さんには、もう会うことは出来ない、という悲しい現実を実感しました。


c0202613_0233230.jpg15年ほど前、京都祇園のギャラリー八源さんで、わたしの赤巻の酒器をご覧になって、お電話をくださったのがお付き合いの始まりでした。
ご自身も陶芸教室に通っているとのこと、そして作り方を聞かれました。
話し方に好感を持ちましたので、電話で話せる範囲で説明し、
夏の京都の陶器まつりに出店しているので、そこで会う約束をしました。
それ以来、長い間とても親切にしていただきました。


わたしより少し年上でしたが、陶芸はわたしのほうが少し先輩でした。
作風は、お酒の好きな男性が好みそうな、無駄はないけど冷たくはない・・・といった印象でした。
こだわりのお蕎麦屋さんが長谷川さんのうつわを使っていて、
そのお店とうつわが「あまから手帖」に紹介されたり、徐々に活動を広げられていましたのに・・・
ある意味、陶芸とは幸せな関係のままで逝かれたと言えるかもしれません・・・
それだけに無念だったと思います。


c0202613_114073.jpg2年前、快気祝いに、使うのが勿体無いハンカチが送られてきました。
冬場は手が荒れるでしょうからと、
よーじやさんのハンドクリームが添えられていました。
いつもさりげない心遣いが光る人でした。
お互いの作品展に花を贈り合ったりしました。
供花を贈る事になろうとは・・・


優しい人に逝かれると、余計に応えます。
感謝の気持ちを込めて、ご冥福をお祈りします。
by tomoco9595 | 2009-11-16 01:53 | できごと | Comments(2)

雪を占う

この時期、山あいの地方ではカメムシの活動が活発になります。
都会にはいないんですね。
家の内外、いたる所にいて、
特にお天気の良い日は注意しないと、取り入れた洗濯物にくっついていたりして・・・
うっかり刺激してしまうと、強烈な臭い!

昔からカメムシの多い年は、雪が多いと言われています。
今年はカメムシが多いほうなので、結構雪が降るかもしれません。


c0202613_1192964.jpg

長野県志賀高原にあるキタムラスノースポーツスクールから、
毎年秋にスキースクールのレッスンスケジュールが届きます。
もう6年もご無沙汰しています。
そろそろ一度きちんとレッスンを受けておきたいと思うのですが・・・
北村校長の後からだと難コースでもついていけるんですよね。
マジックです。
by tomoco9595 | 2009-11-09 01:41 | できごと | Comments(2)

突然の贈り物


c0202613_9273020.jpg
先日同期会で京都へ行ったときに、
文化博物館内の楽紙館で注文しておいた包装紙の、
和紙「ハッポーの鶴」が届きました。
特別な慶事の時にだけ使っています。
写真では解りづらいですが、鶴が浮き出ています。



                 そこへ、引き出物の主役の二人から、お花の贈り物が。

c0202613_2138285.jpg


「花の彫刻家」エミリオ・ロバのラナンキュラスの花束です。
わたしを労う心遣いでしょう。「御礼」と書いてあります。
楽しんで幸せな気持ちで作れる仕事なんて、こちらの方こそありがとうです。
しみじみとする叔母でした。
by tomoco9595 | 2009-11-06 22:12 | できごと | Comments(0)

出石(いずし)へ

この一週間は大変忙しく、更新が一回になりました。      c0202613_231565.jpg
先週の同期会の余韻を引きずりながら、
この秋から講師を引き受けた、陶芸教室の文化祭出品の準備。
首肩腕痛がよくならないので、2度目のブロック注射・・・
引き出物作りも佳境に入ってきました。

そんな中、引き出物の木箱の注文に但馬の小京都・豊岡市の出石へ。


c0202613_23233627.jpg

c0202613_2328197.jpg
出石のシンボル・辰鼓楼と
出石といえば皿蕎麦。
わんこ蕎麦のお皿版、と言ったところでしょうか・・・
正面に辰鼓楼を望む絶好のロケーションの、
本陣鶴屋さんでいただきました。



木箱はFAXでも注文出来るのですが、出石は、
この度結婚する甥が小さかった頃、毎年のように春休みには来ていたところでもあり、
これも何かの縁、お会いしてお願いすることにしました。
今回初めてお世話になる種野さんは、原田芳雄をスリムにしたような親方です。
が、話し方はわたしの好きな但馬ことばで、おっとり~とお話しになります。
しかし木箱屋さんはこの季節が最も忙しいとのこと、早々に失礼しました。


c0202613_2356651.jpg
紅葉には、まだ少し早いようでした。
お土産物屋さんの店先で、ちょっと見つけた秋の色です。
干し柿のネックレス(こんな干し方見たことない)と唐辛子の天日干し。
明日からは急に冷え込むそうですから、紅葉も深まることでしょう。     
            
c0202613_02217.jpg

by tomoco9595 | 2009-11-02 00:26 | おでかけ | Comments(0)