陶芸家・森野知子工房のブログ

tomoco95.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2010年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ワールドカップ

c0202613_23131227.jpg日本のワールドカップが終わりました。
みんないい仕事していました。お疲れ様でした。

駒野クン、次のブラジル大会も応援するよ。
本田選手には中田ヒデ化しないでほしいです。
ワールドカップはとても大きな大会でした。(まだ終わっていないけど)

学生時代、日本はワールドカップ出場はおろか、Jリーグもまだ発足していなくて、
ワールドカップの認知度も低かった頃に、音楽好き仲間のひとりが深夜の中継を観ては、
何組はどうとか、サッカーはジャズや、とか言っていました。
次々と状況が変化する中で、瞬時の判断で最高のパスを出す。
判断では遅い、感じるというのか・・・共通してます。
松井サンのプレーはまるでジャズでしたよ。美しくさえ見えました。(にわかファン)
その後音楽の友は、周産期専門の産婦人科医になったので、
ワールドカップをリアルタイムで観ることは、なかなか難しいでしょうね。

さてさて、どこが優勝するでしょうか・・・
選手より目立っているマラドーナ監督のアルゼンチン。
あのノリで優勝したりして?(素人の戯言です、悪しからず)
    
by tomoco9595 | 2010-06-30 23:54 | できごと | Comments(0)

ゲリラ雨と沙羅双樹

今朝、沙羅双樹(夏椿)が三輪咲きました。朝開いた花は夕方にはこの形のまま落ちます。

c0202613_2258108.jpg沙羅双樹の根元には、金魚が埋めてあります。
おと年のゲリラ雨で池から流された和金。
夏祭りで貰ってきた中の一匹が生き残り、
8年ぐらいで25センチまで大きくなりました。
金魚というより赤いフナ。体形から女の子だったと思います。
かわいかったなぁ・・・今年も会いに戻ってきてくれたと思っています。
by tomoco9595 | 2010-06-27 23:21 | 季節のこと | Comments(0)

京都五条坂の陶器まつり

信楽と佐賀県から、注文していた粘土が届きました。そろそろ陶器まつりの準備にとりかかります。

c0202613_20444026.jpg京都五条坂の陶器まつりは、毎年8月7日から10日までです。
去年の陶器まつりの様子が、Eレシピさんのブログでご覧いただけます。
わたしにとっては、お客さんと直に触れ合える数少ない機会です。
お客さんは主婦の方が圧倒的に多いので、
日常使いやすい食器を中心に用意します。
他に通常の作品のちょっと理由アリなども出品します。

陶器まつりには、かれこれ18年ぐらい出店しているでしょうか・・・
当時のわたしにとって、京都は焼き物のメッカであり、とても敷居の高いところでした。
まだ人脈もない頃に、つてを頼って初めて出させてもらってから、
ギャラリーさんや同業の方とのお付き合いがグンと広がりました。
何年か経験すると卒業していく人が多い中、わたしはまだ続けています。

陶器まつりも様変わりしました。
以前は全部売り切って、手ぶらで帰ったこともあります。バブリーな常連さんたちもいらっしゃいました。
でも景気が良かった頃は、楽しむというより売る事ばかり考えていたかも・・・
今はまとめ買いする方も少なく、売れ難い時代です。しかし不思議と今の方がおまつりを楽しんでいます。
そろそろやめ時かな・・・と思った時もありましたが、心優しい常連さんたちに「やめないで」と言っていただき、
またお隣の親娘さんとも、とっても仲良しなので、わたし自身陶器まつりを楽しみにしています。

椅子席をご用意して、お待ちしています。
暑い時期ですが、ぜひお遊びにお越しください。
詳しいことはこちらで、またお知らせします。
by tomoco9595 | 2010-06-23 22:04 | お仕事 | Comments(0)

赤絵のめしわん

先日の窯焚きは、捨て窯というか(こんな言い方アリ?)、ダメモトというか・・・

c0202613_20494440.jpg
半年以上、ノルウェーの森シリーズを焼いていたので、
釉薬中の銅が窯の中に残っているため、
少し蓋を開けたまま、1200度まで2回焚いて銅を飛ばし、
さらに少しだけ飯碗を入れて、試しに焚いてみました。


c0202613_2112224.jpg
ホワン、とやわらかいピンクの御本が出るように焼くのがわたし流。
銅が残っていると、赤紫になったり、濁った色になったりします。
銅は抜けて、OKのようです。

以前めいっぱい詰めて、全滅したことがありましたから、
面倒でもこの手順を踏んでから、本番の窯たきをしています。
by tomoco9595 | 2010-06-20 21:24 | お仕事 | Comments(2)

岬めぐり

窯の温度が冷めるのを待つ間に、そして梅雨の晴れ間に、
思い立って丹後半島へ行ってきました。

c0202613_22311481.jpgc0202613_22291692.jpg






c0202613_22251640.jpgお天気が良く、海も空も綺麗でした。

緑の木々の向うに小さく見えるのが、
白亜の経が岬灯台。
映画の舞台にもなったそうです。
次に来るときは、スニーカーで灯台まで歩いてみます。


c0202613_2252775.jpg
by tomoco9595 | 2010-06-17 23:01 | おでかけ | Comments(2)

梅雨入りの今日、篠山へ

篠山市鳳凰会館で開催中の、加古勝己さんの個展に行ってきました。
梅雨に入る前にしておきたい事を片付けていると、最終日になってしまいました。
雨に濡れた古い町並みの石畳が、展覧会へのエントランスになっていました。

c0202613_2129823.jpg
c0202613_21292549.jpg会場の鳳凰会館に入ると、
先ず天井が高く、縦横の線が強調されたスペース。
作家さんご本人お気に入りの空間に、
「灰赫陶」のオブジェが4点並べられていました。
形と加飾のバランスが巧いですね。




c0202613_21333699.jpg最近築かれた薪窯による茶器も多数出品されていました。
昨日はお茶席も設けられ、加古さんの茶碗でお茶をいただけたのだそうです。

c0202613_9351811.jpg


加古さんの茶碗に対する強い思い入れを思うと、
わたしなどは茶碗を作ってはいけないような
気持ちになります。




c0202613_2134972.jpg
 c0202613_2134238.jpg

しっとりと雨に濡れた庭を背景に、
絵になる展示でした。
作品と空間とが馴染んでとても居心地が良く、
ついつい長居をさせていただきました。                       




c0202613_10354870.jpg
      篠山に拠点を移され、篠山で作品を拝見して、
      篠山の文化・歴史・風土、そして京都との距離感が、
      創作に良い効果となって、ますます進化されていました。
      篠山で生まれてくるこれからの作品にも期待しています。




追記) 9月から11月にかけて、高島屋で巡回展をされるそうです。
    選抜10人の作家さんによる展覧会だそうです。すごいですね。
    
by tomoco9595 | 2010-06-13 22:46 | おでかけ | Comments(0)

茶香炉

陶芸にもブームがありまして・・・
ここ何年かは白・黒の器が流行っていますし、タジン鍋を買われた方も多いと思います。
7~8年ぐらい前、茶香炉がブームだったことを覚えていらっしゃいますか?
雑貨屋さん、通販のカタログ、デパート・・・いたる所で見かけました。
その頃わたしも結構な数を作りましたが、ブームは必ず終わるものです。
その後他所ではほとんど見かけなくなりましたが、わたしは今でもたまに作っています。

c0202613_2253531.jpgと言うのも、お得意先が宇治にあるから。
場所柄お求め下さる方がいらっしゃいます。
宇治は新茶が一段落して、
これからの季節は紫陽花、鵜飼いの観光客でにぎわいます。

次は何が流行るんでしょう。
by tomoco9595 | 2010-06-11 23:06 | お仕事 | Comments(0)

案内状、いただきました

c0202613_21162225.jpg篠山で作陶されている加古勝己さんから、案内状が届きました。

春には大阪で個展をされて(その時は残念ながら伺えず)
先月は東京で、引き続き篠山での個展とめまぐるしいご活躍です。

会場は篠山市河原町の鳳凰会館。
5月5日のブログ
でも触れていますが、
この会場がまた素敵で、城下町の町家といった佇まい。
作家ご本人をして「絵になる展示をしたい」と言わしめる会場です。

今回の作品展に向けての意気込みが、加古さんのブログでも紹介されています。
ギャラリートークや加古さんの茶碗による呈茶といった企画もあります。
企画のある日にも行ってみたいですが、
ひと気の少ない日に、空間ごと作品を鑑賞したいという気持ちもあります。
会期は6月8日(火)から13日(日)まで。ぜひ行かれてみてください。
by tomoco9595 | 2010-06-06 22:09 | できごと | Comments(0)

雷三日

今日で雷が三日続きました。
季節が変わるのですね。

c0202613_2057537.jpg
これはみかんの花。
ジャスミンに似た匂いがします。
雨が上がると、早速ミツバチが蜜を集めていました。
そのお陰で、11月には濃厚なみかんを食べられます。
by tomoco9595 | 2010-06-03 21:07 | 季節のこと | Comments(0)