陶芸家・森野知子工房のブログ

tomoco95.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2010年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

高島屋大阪店

c0202613_22171636.jpg高島屋大阪店美術画廊で今日まで開催されていた展覧会
「美の予感2010ー現代の器ー」展に行ってきました。

高島屋美術部による人選で、
30代から40代の気鋭の陶芸家10人の作品が、
広い会場に一堂に会し、大変見応えがありました。

東京、大阪、京都、名古屋、新宿の巡回展で、
作品を掲載した立派な図録も用意され、高島屋のこの作家たちにかける期待の大きさが窺えます。
その10人の中に、知人の加古勝己さんがいらっしゃいます。(このブログでも紹介するのは3回目)
若い頃を知る者の一人として、とても嬉しく思いました。

c0202613_22532560.jpgわたしにとっては、高島屋大阪店美術画廊は、聖地のようなもの。
高島屋美術画廊の中でも最も歴史が古く、看板は富岡鉄斎によるものです。
日本の近代美術界の歴史と共にあり、支えてきたと言えるでしょう。

平日の今日は、程よいお客さんの入りで、
ゆったりと作品を観させていただきました。

会場に来られていた加古さんとも、たくさんお話をすることができました。
若いと言われていたわたしたちも、若手がどんどん出てきているね、と言う世代になりました。
でももちろん、まだ過程の途中です。これからも楽しみにしています。
by tomoco9595 | 2010-09-28 23:25 | おでかけ | Comments(0)

今年も楽しかった白萩祭り

c0202613_22564155.jpgc0202613_2257653.jpg秋晴れの好天に恵まれた今日、
但馬・高照寺さんの白萩祭りでした。

萩の花は猛暑の影響か、
7分咲きといったところでしょうか・・・



c0202613_23312456.jpg今年のお祭りで一番盛り上がったのは、
北海道2泊3日ペアの旅が当たる抽選会だったかも。

c0202613_23364148.jpg恒例のチャリティーオークション。

c0202613_23391451.jpg




                                                                   

                 おこちゃまも遊べる射的。わたしもチャレンジしました!某ビールのCMに憧れて。


陶器の出展者にも、お祭りのお客さん・スタッフは優しいです。

c0202613_2344879.jpgc0202613_2363227.jpgc0202613_2365739.jpg






左)香川県から参加の最古参、貴志勉さん。仕掛けで動く作品など。
中)乾いた独特の質感は、若い大庭和昭さん。
右)妹弟子の「ゆらり」さんこと、悦田有由子さん。初参加!


c0202613_23274523.jpg今年も楽しみにしていた燻製たまご、略して「燻たま」 ゲットしました。
(写真略)
行列が出来たお店「パラグアイたこ焼き」(写真上)
南米パラグアイ人ハーフのおにいさんが作る、ふわトロのたこ焼き。
とっても美味しかったです。
臼でつきたての振る舞い餅。(写真下)


c0202613_061478.jpg



今年もお祭りに行って、幸せな気分で帰ってきました。
高照寺でお会いした皆さん、ありがとうございました。
by tomoco9595 | 2010-09-27 00:14 | できごと | Comments(4)

観月会

c0202613_235552.jpg    c0202613_238054.jpg
すっかり秋らしくなりました。
22日の中秋の名月を、
観れた方は少ないでしょうね。

モロゾフのチーズケーキ
「お月見」バージョン。

今夜は、旧加美町地区の観月会でした。
和太鼓や邦楽、小学生が保存に取り組んでいる播州歌舞伎などの伝統芸能、
コーラス、よさこいなど、各種サークルや同好会が出演します。
わたしの父も謡曲で出ましたので、運転手兼着替えの手伝いで行きました。
謡曲同好会は会員の高齢化で会員も減少し、長い間観月会には出ていませんでした。
80歳以上のおじいちゃん3人の同好会に2年前、
仕舞を舞われる女性が加入されたのをきっかけに、また出演していますが、
この3人が出なくなったら、この観月会で謡曲が復活することはないだろうと思うのです。

c0202613_2335724.jpg20代から稽古をはじめたのだそう。
昔は謡曲などの稽古事が盛んだったのですね・・・
 c0202613_23424651.jpg

今夜の演目は、
「熊野(ゆや)」と「高砂」でした。 

来年の観月会も、手伝いに行きたいと思います。        
by tomoco9595 | 2010-09-25 23:58 | できごと | Comments(0)

冬瓜

c0202613_2332665.jpgめちゃくちゃ暑かった8月の終わりごろ、冬瓜をいただきました。
30センチを超える大物。
わたしにとって冬瓜は、夏にお料理屋さんでひんやり冷やしたものをいただく、
というイメージだったので、買ってまで調理したことがありませんでした。
なので、一ヶ月近く、キッチンカウンターの上で、
オブジェのように横たわっていました。

冬瓜は冬まで保存できるそうで、それで冬瓜なのだとか・・・
c0202613_23463062.jpgネットでレシピを見てみると、暖かい中華風スープなどもあります。
すこしずつ気温も下がっていくこれからの季節、
暖かいメニューにして使いきります。

とりあえず海老と枝豆のあんかけにしていただきました。
ノルウェーの森シリーズ・ボウルに盛ってみました。
by tomoco9595 | 2010-09-19 23:55 | いただきます | Comments(0)

スイートポテトサラダ

c0202613_23485220.jpg
あんなに暑かったのに、ようやく9月らしくなってきました。
収穫の秋ですね。サツマイモを収穫しました。
なぜか大きすぎたりブサイクだったり、暑さのせい?まさか・・・
焼き芋向きの形・サイズはほとんどありません。


c0202613_23524766.jpg早速スイートポテトサラダを作りました。
サツマイモを茹でてつぶして、パイン缶のシロップを加えるのが私流。
しっとりして、さつまいもの色が鮮やかになるような気がします。
パインやりんごの刻んだもの、干しぶどうを混ぜます。
マヨネーズで和えて簡単出来上がり。



黒い小鉢(わたし作)との相性もいいでしょう?黒は素材の色を引き立ててくれます。
(実際は写真ほどラッパ型ではありません)
白いうつわが流行りの昨今。カフェや雑誌の影響なのか、春夏秋冬、和洋中、なんでも白いうつわ・・・。
季節や素材や行事に合わせてうつわも選んでほしいです。あ、わたしのお客さんは解ってくださってますね^^
by tomoco9595 | 2010-09-15 00:28 | いただきます | Comments(0)

高照寺白萩祭りのお知らせ

兵庫県養父市・高照寺の白萩祭りが近づいてきましたので、お知らせします。
昨年のブログでも白萩祭りのお知らせを書きましたとうり、
知り合いの造形作家・密祐快さんがご住職を務められているお寺さんで、
毎年萩の花の見頃に合わせて行われる白萩祭り。
「なで弘法さんの出開帳法要」あり、陶器市あり、ジャズライブあり、お食事処ありのお祭りに友情出店します。
昨年のお祭り当日の様子はこちらをどうぞ。
今年は、9月26日(日)です。お近くの方はぜひお出かけください。

このお祭りが、なんとも地域密着型で・・・稲刈りシーズンと重なると、人出がグッと減ったり、
小学校の運動会と重なると、午前中は小学校の運動会、午後からは地域の大人合流の運動会になり、
スタッフの大半が運動会に行ってしまったり・・・
そういうところも含めて、のどかなところが気に入っているお祭りです。

c0202613_21454410.jpg
毎年このお祭りの帰りに、
車にその秋初めての暖房を入れて、秋を体感します。

酷暑の影響が萩の花にも出ていなければいいのですが・・・
by tomoco9595 | 2010-09-12 22:04 | お知らせ | Comments(0)

粘土

粘土を自分で掘っているのか、と聞かれる方がいらっしゃいます。
そうゆう焼き物を作られる作家さんもいますが、普通は粘土屋さんに注文してトラック便で送ってもらいます。
このご時世、粘土もネットで買うことができます。
いろんなパターンの作品を作っているので、粘土も常時5種類あり、注文によってはあと3種類増えます。
いつも試し焼きをする訳ではなく、焼きあがって土味が変わっていることもあります。
粘土屋さん曰く、「山が変わったから・・・」 粘土代・時間・労力。泣きたいですよ。
お盆休み明けから、作り直しの仕事をしていました。悪いけどテンション上がりません、こういう仕事は・・・


c0202613_0225724.jpgそしてようやく気分の乗る仕事。磁器土で蓋碗(がいわん)を作っています。
以前このブログで「お一人様用・お手軽急須」を紹介しましたが、
セットで使える湯のみがあればいいでしょう?
蓋のつまみの部分には色絵を施して・・・

湯のみ以外に、少量のスープやデザートにも使えると思いません?
by tomoco9595 | 2010-09-10 00:41 | お仕事 | Comments(4)

飛行機雲

c0202613_23162125.jpg
毎月第一日曜日は朝8時から、地区の女性軍でお墓掃除をする日。
東向きの斜面にある霊園は、正面から太陽が照りつけ、
朝からなかなかハードでした。
それでも満開のサルスベリの木陰は、高台だけあって風が気持ちよく、
見渡す田んぼも色付いてきました。


c0202613_23143658.jpg飛行機雲が何本も出ていました。
飛行機雲が出ると、2~3日後に雨が降ると聞いています。
台風が近づいているからでしょうか・・・
台風の後は、空気がかわるかも。期待してしまいます。

でも、テニスの練習日の天気が心配。


午後は自宅での陶芸教室でした。
50代と60代の仲良し姉妹さんとわたしの三人が、都合の良いときにする不定期の教室。
お茶を挟んで夕方まで。今日のお茶タイムの話題は、今年は蛇が少ない、というもの。
そう言えば、アスファルトを這っている蛇、見ませんね。熱くて這えないのかも。
そこからマムシの話に展開して・・・。詳しいことは書かないでおきますが、
陸上選手だった姪御さんが、大会で活躍されたそうです。ドーピングにならないのかな・・・何の話でしょう?
とにかく楽しい姉妹さんです。
by tomoco9595 | 2010-09-05 23:51 | 季節のこと | Comments(2)

納品の帰り道

7月に障害者の方たちの陶芸指導に行った時の作品が焼き上がり、納品に行って来ました。
みなさんは作業中だったので、所長先生にお渡ししてきました。
先生も自作の出来上がりが気になるよう・・・
焼成後の変化に驚かれていました。(満足そうでもありました)

今月はまた別の授産施設の陶芸指導を依頼されています。
こちらは陶芸は今回が初めてだそうです。
初めての「ワクワク・ドキドキ」が、どんな作品を生み出すでしょうね。    
実はわたしは教える方は得意ではありません・・・勉強させていただきます。

帰りに、梅花藻を見に寄り道しました。川の水が綺麗な証しの「梅花藻」
田舎に住んでいても、他では見れなくなりなりました。
意識を高く持って保護しないと維持できないのでしょうね。
c0202613_21495370.jpg

by tomoco9595 | 2010-09-03 22:02 | お仕事 | Comments(0)