陶芸家・森野知子工房のブログ

tomoco95.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2011年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ナンカレー

日本のカレーを食べたインド人が、「美味しい日本料理ですね」と言ったとか。

c0202613_21121394.jpg
西日本では牛肉、東日本では豚肉で作るんだそうですね。

すっかり日本の家庭料理となったカレー。
わたしは牛肉と玉ねぎだけで作ります。
今日は久しぶりにナンを焼きました。おいしかったです~^^
by tomoco9595 | 2011-02-27 21:54 | いただきます | Comments(2)

ご注文

c0202613_22223379.jpg長いお付き合いのお店のなかには、
10年ぐらい前に作った物を、
1個とか3個とか注文してこられることもたまにあります。

う~ん、わたしの中ではすでに廃盤で、今はこの気分じゃないんだけど、
と思いながら作るのは、失礼とは思いますが・・・

作家さんの中には、過去の作風を潔く封印してしまう人もいますけど、
お客さんとお店の関係、お店と作家の力関係もあるわけで。
by tomoco9595 | 2011-02-26 23:19 | お仕事 | Comments(0)

発送

昨日焚いた上絵の窯が、朝起きると190℃まで冷めていました。

c0202613_22125717.jpgさて、10時半までにクロネコさんに持ち込めば、
関西即日便に間に合うのだけど、ちょっと無理でした。
関西圏なら、その日の夕方以降に着きます。(時間指定は不可)

ちょうどのダンボール箱がなく、
継ぎはぎのガムテープだらけになってしまいました。
by tomoco9595 | 2011-02-19 22:39 | お仕事 | Comments(0)

春の気配

c0202613_234866.jpg今夜は暖かい雨が降っています。
先日から春の気配が目から・・・花粉です。

今日はお医者さんへお薬を貰いに行き、
大好物、西脇市「住吉屋」さんの花見だんごを買って帰りました。
淡い色とほのかな甘さ。他のお店のとはひと味違います。

お皿はわたしの、花びら紋豆皿
by tomoco9595 | 2011-02-17 23:25 | 季節のこと | Comments(0)

ルーシー・リー展

c0202613_21402670.jpg大阪の東洋陶磁美術館で開かれていた「ルーシー・リー展」が終わった。
12月から開催されていたのに、行けませんでした。
12月は忙しく、1月は寒すぎて、2月は・・・と言っているうちに。

この後巡回で、三重のパラミタミュージアムで開催されるので、
一段落したら平日の静かな日に、ゆっくり観に行こう。

わたしの周囲で展覧会に行った人は、陶芸関係の人も関係ない人も、いたく感動されてました。
次の個展はトリビュート展にする、と言い出す人まで。
一見さりげなくシンプルに見えていて、すごい磁力を持っている作品。
そういう作品を創る人自身、すごい磁力を持っているものなのかも・・・


余談ですが、東洋陶磁美術館と中ノ島公会堂のオムライス・・・セットで行きたかったです。
あのオムライスは、朝ドラ「ちりとてちん」でも出てきましたよね。
by tomoco9595 | 2011-02-13 22:30 | できごと | Comments(0)

同級生

c0202613_21524329.jpg少し前のこと、庭に出たところで、
宗教の布教に来られた人に声をかけられました。
女性  「世の中から病気は無くなると思いますか?」
わたし 「無くならないですね」
女性  「そうですね。でもここにこのように書いてあります」
と言って本を開いて朗読し、小冊子を渡して帰られました。

高校の時、一年だけ同じクラスだった人に似ているようでした。
そして先日また訪ねてこられましたが、ろくろに集中していたので、
手が離せないと母に伝えてもらうと、同級生だと言って帰られました。

できれば同級生とは、セールスとか宗教の話はしたくないですね。
求める時に、こういう言葉があるよ、とか、こんな商品があるよ、というのが良くない?
次に来られたら、同窓会に来ませんか、と言ってみようと思います。

同級生にお茶に呼び出されて、マルチまがい商法の人に紹介されたことがありました。
選挙のときだけ電話してくる同級生もいます。
へこんでいると「森野知子を励ます会」といって集まってくれる同級生もいます。
わたしは「作品展のときだけDMを送ってくる同級生」と言われないようにしよう。
by tomoco9595 | 2011-02-11 22:55 | できごと | Comments(2)

お気に入り

c0202613_23563210.jpgスウォッチのIRONY Big
10数年前、叔父が大連出張の帰りに機内販売で買ってきてくれました。
貰った当初は文字盤と同じ赤い皮のベルトが付いていました。
男性用の大きさと赤い色のミスマッチ感がとても気に入ってました。

その後ベルトが傷み同じものが手に入らなかったので、
スチールのベルトに替えて使っていましたが、
針やカレンダーを調節するネジがちぎれてしまい・・・


スウォッチは故障したら修理をするコンセプトでは作られていなくて、使い捨てなんです。
動かなくなってからも捨てられずに1年以上経って、
止まった時間に電池を入れて動くならまた使えることに気が付きまして・・・
ところが電池の蓋をうっかり失くして、千葉のカスタマーサービスに現物を送り、
合う蓋を付けて送り返してもらい、昨日届きました。
しっかり動いています。これでまた使えます。うれしい~。やれやれ。

以前東京で個展をしていたとき、ギャラリーに入って来られた女性が同じ時計をされていました。
その人はベルリンへ行く飛行機の中で買ったと仰っていました。
それまで同じ時計をした人に会ったことなかったのに、
その日はギャラリーに来る地下鉄の中でも、同じ時計をしている人を見かけた、
と話されたことを思い出しました。
その人たちはまだ使っているだろうか・・・わたし、とても物持ちがいいんです。
by tomoco9595 | 2011-02-07 00:37 | できごと | Comments(0)

ケーブルテレビ取材

c0202613_22285889.jpg今日は月2回の陶芸教室の日。
今回は初めて赤い土に化粧掛けをしました。
その様子を地元ケーブルテレビが取材に来られました。
この陶芸教室は生涯学習課の講座で、
今日の映像は来年度の新規会員募集に使われます。
20代から70代まで大所帯でよい雰囲気です。

俵万智さんの短歌をもじって、
  知ちゃんを先生と呼ぶ子らがいて・・・

わたしより年長の生徒さんが多いのですが、ありがたいことです。
来年度も魅力的な課題を提案していかなければ。
by tomoco9595 | 2011-02-02 23:31 | できごと | Comments(0)