陶芸家・森野知子工房のブログ

tomoco95.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2011年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

イメチェン

c0202613_23295647.jpgどうでもよい話なんですけど、最近髪を切りましてん。
「何かあったん?」とか、
「どういう心境の変化?」とか、よく聞いてくださいますが、
期待されるような理由はなくて、ただ飽きたので。

仕事のときはちょんまげ、おでかけはセミロングスタイルを、
20年近く続けていましたから。
ふんわりゆる~くパーマもかけました^^


シャンプーとドライヤーが、こんなに手軽になるとは驚きです。ちょっとしたエコかも。
by tomoco9595 | 2011-06-26 23:37 | Comments(4)

パラミタで能

「第6回パラミタ陶芸大賞展」を観に行った日、c0202613_21355222.jpg
美術館では、「ミュージアムにて能を観る」という催しが行われていました。
演目は「葵上」。わたしが行ったときには、ほとんど終わりかけていましたが。
演者は、舞台ではなく展示室で、池田満寿夫氏の曼荼羅をバックに、
客席の間近で演じておられました。

600年以上もの間、ほとんど形を変えずに続いてきた芸能。
能は堅苦しくて難解、というイメージがありますが、パンフレットにも、
観る者の感性により、自分流に直感的なものを感じとればよい、と書いてあります。


その後、立ち見が出るほどいっぱいだったお客さんが、「パラミタ陶芸大賞展」の方へ。
自分の投じる一票が大賞に影響するとあってか、他の展覧会の会場とは空気が違うようでした。
作品の間を何度も行き来して、興味深そうに作品に顔を近づけて・・・
作家さん同士の個性がぶつかり高め合った空間に、お客さんの熱気も加わっていました。

自分流に直感的なものを感じて投票した結果が、みんな気になっているでしょうね。
by tomoco9595 | 2011-06-23 22:33 | おでかけ | Comments(0)

パラミタ陶芸大賞展

昨日、三重県四日市市にあるパラミタミュージアムへ行ってきました。
高速料金の土日上限1000円が今日までというのもあってか、やたら渋滞・事故が多かったです。

c0202613_2234790.jpg現在ミュージアムでは、「第6回パラミタ陶芸大賞展」が開催中です。
この展覧会は、
全国の美術館・画廊・評論家などから推薦された上位6名の作家が出品し、
一般の来館者の投票により大賞が決定するというユニークな展覧会です。
今回は知人の加古勝己さんが出品されています。


c0202613_2241459.jpg加古さんのブログには、昨年末ノミネートされてから、
展示までの過程が綴られていています。
その間も並行して、個展・公募展をこなしながら・・・
また、加古さんから見た他の作家さんの、
人物観察やルックスなども書かれていて、
それを参考に2倍楽しく作品を拝見しました。


例えば、若い和田的さんについては、地震で欠けた繊細で鋭角的な磁器を金継ぎして出品されており、
その痛痛しさを、沖田総司とは言い得て妙です。
また、鈴木秀昭さんの緻密な絵付けと「質問マニア」的個性も納得しました。

加古さんご自身は、灰赫陶の作品に「風郭」というサブタイトルを付けられていました。
作家さんの造語でしょうか。
空間を味方に付けて構成・展示されています。

投票は6月26日まで。その後、大賞の発表は7月10日で、展示は7月31日までです。
投票ができる展覧会という鑑賞方法も面白いですよ。ぜひ、行って、観て、投票してみては!


追記) ヤフーでもGoogleでも、「陶芸家」と検索すると、一枚目に加古さんが出てこられます。
     The 陶芸家、ですね。
     ご本人はなかなかの二枚目でいらっしゃいます。
by tomoco9595 | 2011-06-19 23:16 | おでかけ | Comments(2)

腱鞘炎

数ヶ月前から右手が腱鞘炎みたいです。(自己診断)
お医者さんに行っても、貼り薬を貰って、あまり使わないようにと言われるぐらいかな~、
と思って、そのままにしております。(早めに行ったほうがいいのはわかってますけど)
2・3日休めても治るものでもないし・・・

c0202613_23314210.jpg仕事中、右手首を使わない作業はないです。
ろくろ、削り、釉薬掛け、上絵の絵の具すり、などなど。
通常の釉薬掛けなら左手でも掛けられるのだけど、
ブログ右肩の写真のように内外掛け分けのものは、
右手で慎重に掛けます。

まだ使い慣れていないiPad2。
ゼンブラシというアプリを使って図で説明すると、こんな掛けかたです。

内側に釉薬が入らないようにリストを効かせて、外側の口辺ぎりぎりまで釉薬を掛けています。
by tomoco9595 | 2011-06-16 23:51 | お仕事 | Comments(0)

復興支援チャリティー展

福知山市のまぃまぃ堂さんで開催中の、東日本大震災復興支援のチャリティー展も、
明日12日(日)までとなりました。(会期後もしばらくは展示されているそうです)
「何かしなくては」とは思っていても、自分で企画し人を集め事を起こす実行力もなく、
声をかけていただくのを待っていました。
自己満足と言われるかも知れないけど、チャリティー展に参加できて良かったと思います。
作品を送ったまま、おまかせにしていましたので、ご挨拶に伺いました。

c0202613_22541039.jpg昔ながらの大きな商店街に、
手作りお菓子とカフェの、まぃまぃ堂さんはありました。
お店に入ると、手作りの焼き菓子のいい匂い。

c0202613_2259313.jpgカフェの隣の空き店舗だったスペースが、
今回の会場です。
この催しが新聞やタウン誌でも紹介され、
作品はかなり少なくなっていました。
わたしの作品も残りわずか、
お役に立ててほっとしてます。


c0202613_2351062.jpg店主の横川さん手作りの、くるみのタルトを頂きました。
とっても美味しかったので、買って帰りました。

c0202613_2312374.jpgてんてこまぃまぃ中の横川さん。
準備段階から会期中、お世話になりました。
お疲れが出ませんように。
また、ご案内、ブログを見て、
会場へ足をお運びくださった方、
ありがとうございました。

今日で震災から三ヶ月が経ちましたが、
長く関心を寄せて、ささやかでも何か行動をしたいと思っています。
by tomoco9595 | 2011-06-11 23:50 | おでかけ | Comments(0)

発見!五つ葉の・・・

c0202613_225975.jpg自宅の周辺には、クローバーが群生しています。
子供の頃はこのシロツメグサで、幼なじみとネックレスや髪飾りを作りました。

兄はたまに帰ってきて、興味なさそうなのに、
四つ葉のクローバーを10本ぐらい簡単に見つけます。
母とわたしは、目を皿にして探しても見つけられないのに。

c0202613_22233548.jpgところがもっと興味なさそうな父が、
ひょいと手にしたのが、「五つ葉のクローバー」だったのです。
五つ葉のクローバーは、「金銭に関する幸運」なのだとか!

おこぼれに期待してしまいます。うふふ・・・
by tomoco9595 | 2011-06-07 22:44 | できごと | Comments(2)

カンディンスキーと学生時代

c0202613_2227558.jpg大学時代からの大の仲良しさん(大阪在住)に誘っていただいて、
兵庫県立美術館で開催中の「カンディンスキーと青騎士」展に行ってきました。

c0202613_22384018.jpgキュービズムとかシュールレアリズムとか、
久しぶりに目にします。
「トモチャン、こういうのやっていたよね」と言われましたが・・・
そう、わたしは大学では美学を専攻していたのでした。
しかしながら、そのころのわたしは頭も時間も、
テニスサークルに費やしておりましたね。

親には申し訳ないです。


c0202613_22554887.jpg美術館内の海の見えるレストランでランチの後、新しくなった大阪駅へ。
三越伊勢丹をぷらぷらと視察の後、「ルクア」でお茶をしまして、
気がつくともう6時前。
いくつになっても、ガールズトークは楽しいものです^^
ほっこりできて、元気ももらえて、
腱鞘炎気味の腕も休ませて、いい一日でした。

c0202613_23173297.jpg
帰りに友達お薦めの、万城目学作「鴨川ホルモー」を買って帰りました。
京都で学生時代を過ごした人、
中でも親元を離れて学生時代を京都で過ごし、その後京都を離れた人には、
京都に対して、感傷に近い特別な想いが共通してあるように思います。
懐かしい地名とか出てきて、キュンとなるのだそう。
by tomoco9595 | 2011-06-03 23:47 | おでかけ | Comments(2)

チャリティ展覧会

c0202613_2144998.jpg





昨日から京都府福知山市のカフェ「まぃまぃ堂」さんで、チャリティ展が始まりました。
40近くの個人・グループのモノヅクリ人が作品を寄付しています。
わたしはお店も店主さんも、存じ上げていなかったのですが、
知り合いの木工作家さんからお声掛けいただきました。
参加することでささやかながら応援できるならばと、ふだん使いの食器を出品しています。
売り上げは東日本大震災の復興支援に、全額寄付されます。
12日(日)までです。

震災直後、物資もボランティアも受け入れ体制が整うまで待つように、と言ってました。
今は義援金を送るのが一番いいのだ、とか専門家が言ってましたけど、まだ届いていないんですよね。
やっぱり最初は、人手とモノじゃないでしょうか。余ってもいいじゃないですか。間違ってますかね?

ところで今日は6月1日。
衣替えということでテレビでは、クールビズで出勤するビジネスマンが映っていました。
スーパークールビズに、ウルトラクールビズまで。(ポロシャツに短パン。なにも今日そこまで・・・)
節電の啓蒙活動としては、衣替えの日に映るのが効果があるのかも?
でもちょっと無理を感じてしまいました。
わたしなんか、フリース着てストーブ点けてますので。
by tomoco9595 | 2011-06-01 22:15 | お知らせ | Comments(0)