陶芸家・森野知子工房のブログ

tomoco95.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2011年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

神無月の出雲の思い出写真

c0202613_20511799.jpg
出雲へ行くなら神無月。
逆に出雲では、神在月。
全国の神様が出雲に集まられる10月に行くべし!

ところが、これは旧暦の10月のことだったんですね・・・
しかし、出雲大社周辺はものすごい混雑でした。


手水舎でお清めする人たち。
人と比べて、幹の太さがわかりますね。白いのは全ておみくじ。良いご縁がありますように。

c0202613_2113184.jpgc0202613_2155753.jpgc0202613_2173121.jpg









薄暮の宍道湖沿いを、玉造温泉「長楽園」に向かいまして。
日本一大露天温泉の触れ込みのことはあります。でかいです。
しかも混浴。(女性には巻き布が用意されています)
海の幸も松茸も島根牛も美味しく、最後はシジミ汁。

c0202613_21163339.jpgc0202613_21165894.jpgc0202613_21171947.jpg









2日目、松江城では遊覧船で堀川めぐり。
小泉八雲旧居、田部美術館、お蕎麦屋さん、和菓子屋さんの並ぶ武家屋敷通り。
武家屋敷とバイクが馴染んでおります。
茶道が盛んな松江を代表する和菓子「若草」。お土産にお買い上げ^^

c0202613_21322969.jpgc0202613_21354225.jpgc0202613_21355812.jpg









安来の足立美術館で。外国人にも人気の庭園。一幅の絵画のよう。
お茶を頂きながら、ガラス越しにお庭を鑑賞しました。

c0202613_2221512.jpgc0202613_21584344.jpgc0202613_21585960.jpg
by tomoco9595 | 2011-10-16 22:36 | おでかけ | Comments(4)

出雲

連休の9日・10日、家族総勢8名で、出雲・松江・安来へ行ってきました。
写真をいっぱい撮ったのに、microSDの不具合でupできません・・・(泣)
先ずはこの春から3年間、出雲で研修中の甥に会いに出雲へ。

c0202613_2294785.jpg一日目、出雲大社で。
結婚式に遭遇しました。遠くから、パチリ。

宿泊は玉造温泉「日本一混浴露天風呂」が売りの長楽園でした^^

c0202613_2210266.jpg2日目は松江城へ。
遊覧船で堀川めぐり。

その後、安来の足立美術館で、
庭園と横山大観の世界にどっぷり浸ってきました。


10月なのに暑いぐらいの好天に恵まれ、家族勢揃いでの旅行はとても楽しく、
また来年もこうして出来るといいな~、と思うのでした。
by tomoco9595 | 2011-10-11 22:55 | おでかけ | Comments(0)

アート・クラフトフェスティバル in たんば

車で30分ぐらいのところにある丹波年輪の里公園で、10月1日・2日の二日間開催中の、
第20回アート・クラフトフェスティバル in たんば に行ってきました。
実行委員長の渓水窯・芥川清さんはじめ、近隣の作家さんたちが実行委員を務めていますので、
これは激励に行くのが礼儀でしょ。


c0202613_014727.jpgc0202613_031286.jpgc0202613_033535.jpg







二日ともお天気に恵まれ、駐車場も大混雑。来場者も出展者も昨年より多くて、大変な賑わいです。
このフェスティバルも大きくなりましたね。
家族連れで訪れて、公園で子供を遊ばせ、お気に入りの作品に出会えれば購入、
という気軽さがいいのでしょうね。
一方で、街のうつわやさんの数が減り、また仕入れを減らされ、
売り場のない作家さんたちも増えているのではないかと、ある実行委員さんの分析。


c0202613_0142732.jpgあ、永田さん、ごぶさたしています。
盆栽されてるんですか~?(陶芸家)
ミニ盆栽の魅力を熱く語ってくださいました。
木の成長に合わせて器を作るのが、マイブームだそうで・・・(あくまで余暇に)

c0202613_0263151.jpg

妹弟子のゆらりさん。

若い女性に人気です。
食器をグレーとピンクで展開。
ご本人もピンクが人気なのが意外だそう。




c0202613_0363023.jpg芝生に点々と置かれているのは、靴。靴作りを勉強中の学生さんたちの作品。

c0202613_0393437.jpg

靴屋さんには売っていないような、
斬新かつぎりぎりのデザインのものも。




c0202613_0435823.jpg真鍮とシルバーで素敵なピアスを作っている作家さんとも出会いました。

その他にも、あまりお話しする機会のない、
異素材の作家さんたちにも話しかけ、
写真もいっぱい撮らせていただきました。
 
by tomoco9595 | 2011-10-03 00:59 | おでかけ | Comments(4)

新宮晋/風の彫刻展 行ってきました

c0202613_23542434.jpg7月8日のブログでご紹介しました新宮晋/風の彫刻展に、
会期終了間際の先週土曜日、ようやく行ってきました。
翌25日の日曜日がフィナーレだったのですが、白萩祭りと重なっていたので。

c0202613_23581871.jpg

稲刈りもほとんど済んだ里山の風景の中、
穏かな快晴のもと、自然エネルギーで、
ゆったりと作品が動いていました。



c0202613_072967.jpg田んぼに張られた大きなビニールハウスの中には、
三宅一生さんのショーのために制作された作品がありました。
ビニールハウスの中を吹き抜ける風によって、
整然と並べられたパネルが、波のようにうねるのですが、



c0202613_075410.jpgこれは逆光で見る方が、
断然よろしいかと・・・
ビニールハウスということを忘れるような美しさ。

この日はほとんど風がなかったので、
凪のような波でした。


里山の中の舗装された坂道を上っていくと、新宮先生のアトリエがあります。
その奥に池があるとスタッフの方に教えられて、木立の中を抜けると、

c0202613_0383456.jpg
これは・・・、新宮先生のホームページの表紙の作品
Ripples(さざ波・波紋) of Light  この作品、好きなんですよ。
ずっと、どこに設置されているんだろうと思っていました。
ここにあったのですね。


c0202613_0483554.jpg






贅沢なことに、この時、池にはわたし一人っきりで、この景色を独り占め。
池のほとりの朽ちかけたベンチに座って、いつまでも眺めていたかったのですが、そろそろおいとまを。
ちょうど、先生ご夫妻とスタッフの方たちが、アトリエの外でお茶兼ミーティングをされていて、
招き入れていただき、いえそんな・・・と言いながら、ご一緒させていただきました。
10月16日のEテレ・日曜美術館で、新宮先生の活動が紹介されます。
風の彫刻展の会期は終わりましたが、10月いっぱい展示されています。
(ビニールハウスの作品は、三宅さんに返却されますので、撤去されます)
by tomoco9595 | 2011-10-01 01:29 | おでかけ | Comments(0)