陶芸家・森野知子工房のブログ

tomoco95.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2014年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

余寒

c0202613_23241399.jpg春はまだ遠く、寒い日が続いています。
3月の2つの催しに向けて準備をしています。

飛騨の木工作家さん達との合同展示会にお誘いいただき、参加いたします。
題して「飛騨の森・神戸の風」
3月6日から。神戸さんちかホールにて。


下旬には、いつもお世話になっているうつわや悠々さんで、
取り扱い作家10数名による新作のみの展覧会の予定。

どちらも詳しくはまたこちらでお知らせします。

先日悠々さんに納品兼打ち合わせに行ったとき、
ブログが「あけましておめでとうございます」から更新されていない、と言われ・・・
1月から凹んでたんです(泣)
ここからはペットネタですので、関心のない方はスルーしてください。

冬眠中の池の鯉(最後の一匹)が何者かに襲われてしまいました。
仲間の鯉がいなくなって、この5年間はずっと孤独だった。
しかしストレスがなくなったのか、むくむく大きくなって60センチになり、
これだけ大きくなるともう大丈夫、と油断していました。
かわいそう、悲しい、それ以上に管理不足が申し訳なくて・・・

鯉の寿命は2~30年、100年生きるものもあるのだそう。c0202613_036104.jpg
また鯉にも個性があるんですよ。
ごはんくれくれアピールするのやら、
人に慣れて指をちゅばちゅば吸うのやら。
このコは控えめな性格の鯉でしたね。
見晴らしの良い桜の木の下にお墓を作りました。
その夜夢に、知らない上品な男性が出てきて、
見晴らしの良い場所にあるベンチに2人で座っている夢を見ました。
あの鯉は男の子だったのだと思いました。
ひっそりといるだけで癒してくれてありがとう。
by tomoco9595 | 2014-02-11 01:11 | できごと | Comments(4)