陶芸家・森野知子工房のブログ

tomoco95.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

ノルウェーの森の色のステーションワゴン

c0202613_23473493.jpg

定番となったノルウェーの森シリーズの、
配色のヒントをくれたステーションワゴンとの、
別れの日が来ました。
どこへ行くのも一緒。
機嫌の良い時の鼻歌も愚痴も、黙って聞いてくれた相棒。
# by tomoco9595 | 2014-05-19 23:47 | できごと | Comments(0)

春のお誘い

c0202613_2241222.jpg播州北端のこのあたりでは、
ようやく桜が咲き始めたところですが、
各地桜で賑わっていることでしょう。

春のお出かけに、ご案内を。



お世話になっているうつわや悠々さんの展覧会。

 kotokore2014  24のモノがたり  4月5日(土)~4月26日(土)月曜日休

陶芸  東一仁 新学 新歓嗣 荒木義隆 荒木漢一 生駒奈於実
    市川博一 鯉江良二 木下和美 佐々木好正 瀬津純司
    瀬津義雄 竹内紘三 多屋嘉郎 林健人 林隆一郎
    本多亜弥 山田想 山本壮平 横山拓也 吉岡萬理 と、わたくし
ガラス 原久子 原光弘 (50音順 敬称略)

取り扱い作家のうち24名による新作発表会です。
是非、実店舗で手にとってご覧になってください。
古都京都と奈良の間、信楽・伊賀にも通じる立地です。
悠々さんを後にして、甲賀市にあるミホミュージアムの
遅い枝垂桜を見に行かれるのもよいかも。
# by tomoco9595 | 2014-04-04 00:32 | お知らせ | Comments(0)

春のお出かけ・鎧駅に行ってきた。

c0202613_23321490.jpg駅は列車に乗るために、または送り迎えに行くもの。
鎧(よろい)駅は駅を訪ねたくなる駅なのだな・・・

山陰本線の香住と浜坂の間にある餘部鉄橋の京都よりの駅。
8年前、餘部鉄橋の架け替え工事が始まる前に、
列車に乗って鉄橋を渡りたくて訪れました。


c0202613_23572332.jpgc0202613_035790.jpg無人駅。ホームにはだれもいません。
トンネルを抜けると餘部鉄橋。
海寄りのホームからは眼下に、
小さくて穏やかな入り江が見下ろせます。
この鄙びた風景がわたしを呼ぶんですよ。
8年前と変わってなくてよかった!




鉄道ファンの間では、知れた存在なんでしょうね。
青春18きっぷのポスターやテレビドラマの撮影にも、よく使われていたとは今日知りました。
GWとかには、結構な人出でで賑わうそうですが、
人の少なそうな平日の、お天気の良い日を狙って行動できるのはこんな業種だから・・・



c0202613_0303610.jpgc0202613_031875.jpg新しい鉄橋は被写体としての魅力は、
残念ながら旧鉄橋にはかなわないですね。

日本一高いところにある余部埼灯台にも行ってみました。
山陰海岸が一望できる立地ながら、、
春霞で水平線ははっきり見えませんでした。
こちらもひっそりとしていてわたしたち以外には、
習志野ナンバーの大きなバイクのライダーさんだけでした。

渋滞・混雑のないお出かけで、リフレッシュできました。
# by tomoco9595 | 2014-03-25 01:17 | おでかけ | Comments(0)

余韻

飛騨の木工作家さんと兵庫のクラフト作家さん達との合同展示会が、
無事終わりました。
お越しいただいた方々、出展者の作家さんたち、
心からありがとうございました。

c0202613_238195.jpgc0202613_2384930.jpgc0202613_23375113.jpg










c0202613_23321998.jpgc0202613_23323865.jpgc0202613_2333476.jpg










c0202613_2334334.jpgc0202613_23343062.jpgc0202613_23345284.jpg










ここ数年いろいろな事情から、このような催しから遠ざかっていました。
居心地の良い人たちと共に、居心地の良い空間を作り、
とてもとても楽しい一週間でした。
お越しいただいた皆様にも、その空気感を共有していただけたでしょうか。
また来年もこの会場で、お会いできたらいいですね。
さあ、余韻に浸りつつも、通常の仕事ペースに戻って頑張ります。
# by tomoco9595 | 2014-03-13 23:57 | ごあいさつ | Comments(0)

ご案内

c0202613_23565010.jpg




























久しぶりに神戸で展示会をします。
飛騨高山の木工作家さん7組と、兵庫の作家4名です。
ぜひお越しくださいませ。

日時  3月6日(木)~3月11日(火) 10:00~20:00
会場  神戸・三宮さんちか さんちかホール
# by tomoco9595 | 2014-03-03 00:13 | お知らせ | Comments(0)

余寒

c0202613_23241399.jpg春はまだ遠く、寒い日が続いています。
3月の2つの催しに向けて準備をしています。

飛騨の木工作家さん達との合同展示会にお誘いいただき、参加いたします。
題して「飛騨の森・神戸の風」
3月6日から。神戸さんちかホールにて。


下旬には、いつもお世話になっているうつわや悠々さんで、
取り扱い作家10数名による新作のみの展覧会の予定。

どちらも詳しくはまたこちらでお知らせします。

先日悠々さんに納品兼打ち合わせに行ったとき、
ブログが「あけましておめでとうございます」から更新されていない、と言われ・・・
1月から凹んでたんです(泣)
ここからはペットネタですので、関心のない方はスルーしてください。

冬眠中の池の鯉(最後の一匹)が何者かに襲われてしまいました。
仲間の鯉がいなくなって、この5年間はずっと孤独だった。
しかしストレスがなくなったのか、むくむく大きくなって60センチになり、
これだけ大きくなるともう大丈夫、と油断していました。
かわいそう、悲しい、それ以上に管理不足が申し訳なくて・・・

鯉の寿命は2~30年、100年生きるものもあるのだそう。c0202613_036104.jpg
また鯉にも個性があるんですよ。
ごはんくれくれアピールするのやら、
人に慣れて指をちゅばちゅば吸うのやら。
このコは控えめな性格の鯉でしたね。
見晴らしの良い桜の木の下にお墓を作りました。
その夜夢に、知らない上品な男性が出てきて、
見晴らしの良い場所にあるベンチに2人で座っている夢を見ました。
あの鯉は男の子だったのだと思いました。
ひっそりといるだけで癒してくれてありがとう。
# by tomoco9595 | 2014-02-11 01:11 | できごと | Comments(4)

明けましておめでとうございます

c0202613_0502326.jpg年が明けて一週間が過ぎました。
遅ればせながら・・・

明けましておめでとうございます。

今年が更に良い年になりますよう
お祈り申し上げます。



今年の抱負はスタートダッシュだっ!
元日から少しずつでも仕事を始めました。
本年も宜しくお願いします。
# by tomoco9595 | 2014-01-08 01:04 | ごあいさつ | Comments(4)

あれこれ

年内に出来ます、と言って引き受けた仕事、c0202613_2346108.jpg
年内といっても31日では遅い。
お店の最終営業日は27日なのでした。
逆算してみると、1日の猶予もありません。
連日2時3時まで仕事しましたよ。
でも年ですね。12時過ぎるとガクンと能率が落ちます。


なんとか本焼きの窯焚きは済みました。
明日明後日の2日間で3回上絵の窯を焚きます。
赤巻を施して1回。筆跡が消えるように赤巻でもう一回窯焚き。
その上に金箔を貼って3回目の窯焚き。
焦っているとふだんしないミスもします。
カッターナイフで親指をスパッと・・・

これがあってよかった~。c0202613_23542141.jpg
バンドエイド・キズパワーパッド。
これに防水フィルムを貼ると、すぐにロクロもひけます。

バンドエイドを貼りに居間に入ると、
男子スケートやってたんで見てました。


高橋大ちゃん、ソチに行けるんですね、おめでとう。ファンはうれしいです。
他の選手は音楽に合わせて滑っているけれど、
大ちゃんは音楽を奏でているように滑る。
転倒も血に染まった手も、半ば諦めのような悟ったような笑みも、全部が作品になってました。
また曲が「ロング・アンド・ワインディング・ロード」だなんて・・・
長く曲がりくねった道、ソチまで続いてました!しかしほんと曲がりくねってますね。

そろそろお正月の準備も始めないと。
今年は10名揃う予定。
でも来年余裕のスタートが切れるように、ぎりぎりまで仕事します。
# by tomoco9595 | 2013-12-25 00:30 | できごと | Comments(0)